英語上達プログラムを初公開

2011年12月26日

基礎を理解しないまま英語を学んでも応用出来ませんし

基礎を理解しないまま英語を学んでも応用出来ませんし

実は中学3年2学期までの英語の知識があれば、3ヵ月で話せるようになります!

中学英語だけで英会話は話せるようになる。といった類のものを、あなたも一度や二度、見たり聞いたりしたことがあると思います。(ある意味正しいことです)



英会話トレーニングのスーパーメソッド、酒井式 Simple English で必要とするのは、Magic 81 (81文センテンス)に含まれるわずか1772語のみとなります。

これが英語の基礎部分であり核心に通じるのですが、この基礎部分の重要性を理解している英語の先生はほとんどいません。

酒井式 Simple English が提唱する基本文を理解していれば英語習得に困ることはないのですが・・・。

 

基礎を理解しないまま英語を学んでも応用出来ませんし、各種英語教材(NHK講座の大半も含む)によって、むずかしいことをドンドン詰め込んだとしても、実際の会話として役立てる事は出来ません。


この辞書は、5万6千語の収録語の定義を全て2000語でしています。
(このLongmanの辞書は特別なものではなく、書店やネットで日本でもすぐ買えます。)


古くはオグデン(C.K.Ogden)というイギリスの学者が、たった850語で、日常の会話の大半はできてしまうという発表を、「The ABC of Basic English」(1932年)という本などで行ったこともあります。

 

他にも、英語の速記文字を編み出したアイザック・ピットマンという人は、わずか700語で日常会話の7割(派生語も含めれば8割)が成立することを発見しました。(日本人はこの850語や700語の所をサラッとやるだけで3000語とか4000語レベルの所ばかりやっているのですから日常会話もできないのは当たり前です。)

 

この2人の研究を突き詰めていき私は英語を話すためには1772語、81センテンスで十分という結論に達し、独自の英語プログラムを開発する事に成功しました。

そして、このプログラムを酒井式 Simple English と呼んでいます。

 

誰でも独学でトレーニングが実践できるように、一冊の本とCD2枚にしました。

(この辺もすべて Simple です)
posted by 英語上達 at 06:23| 埼玉 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。